Monapedia

R は、ラテン文字(アルファベット)の18番目の文字。小文字は rギリシャ文字Ρ(ロー)に由来し、キリル文字Р(エル)と同系の文字である。

字形[]

  1. 大文字は、縦棒の上部右に右半円を付け、線中央から右下に斜線を付加した形である。亀甲文字
  2. 小文字は、縦棒と上部右に接する左上四半円ないし上半円である。ρ(ロー)の円の下半分を略した形といえるかもしれない。または、大文字Rの下半分ないし左下部分と見ることもできる。亀甲文字。手書き書体では、縦棒を先に書き、折り返して半円を書く。筆記体では、縦棒の上部に前の字からの接続線が左下から、次の字への接続線が半円の右端から右上に続く。
  3. このとき、前からの接続線が縦棒に緩やかに半円を描いて続いていれば、本来の半円は円弧を描かず、鋭く山形に曲がることがある。
  4. 別の小文字筆記体では、左下から上がって、頂点で鋭く山形に右下に方向を変え(このとき逆時計回りに非常に小さな円を描くことがある)、右下に少し下がってから真下やや左向きに進路を変え、そのまま右に弧を描きながらベースラインに達し、右上に抜ける。

呼称[]

  • イネ:エル
  • 西:エレ
  • :エッレ
  • :ar (アー /ɑː/ (英), アール /ɑːr/) '(米)
  • エス:ロー

音素[]

この文字が表す音素は、歯茎ふるえ音/r/ないしその類似音である。言語によってさまざまであるが、舌を上歯茎にしっかり付けて発音するLと異なる音であるところで共通する。しばしばべらんめいのようないわゆる巻き舌(舌を数回硬口蓋にはじかせる)となる。軽い巻き舌で硬口蓋に1度だけはじかせると、日本語ら行子音に似る。英語では、舌を硬口蓋に付けることなく接近させる。フランス語のパリ方言では、舌を硬口蓋に付けずに舌先を下げ、奥のほうで摩擦する。

  • アメリカ英語では母音字の後ろにあるrを発音するが、イギリス英語では発音しない。
  • ドイツ語の多くの無強勢音節末のr, 複音節語における語末の er は、ゆっくり発音するような特別な場合をのぞき となる。
  • 中国語ピンインでは、音節頭位では有声そり舌摩擦音(声母"日")である。これは日本人には「リ」とも「ジ」とも聞こえるような音で、ウェード式では"j"と書かれる。また、"er"(韻母"児")と書かれたときはそり舌の曖昧母音で、声調によっては主母音はアに近くなる。また"児"が接尾辞として用いられたときは、児化を起こす。
  • 歯茎ふるえ音
  • 歯茎たたき音
  • イギリス英語、中国語 er(児): 歯茎接近音
  • アメリカ英語: そり舌接近音
  • フランス語: 有声口蓋垂摩擦音
  • 日本語、朝鮮語: 歯茎はじき音
  • ドイツ語:口蓋垂ふるえ音
  • スペイン語:語頭や n, l の後の r、語中の"rr"は歯茎ふるえ音、それ以外は日本語のラ行の子音に同じという風に弁別する。

多くの言語で、他の子音、特に破裂音に続いて現れたときは、一気に発音され、その間で音節を区切ることはしない。

歴史[]

ギリシャ文字Ρ(ロー)に由来する。ギリシア文字Π(ピー、パイ)が、右足を曲げ、P(ピー)のようになって、Ρ(ロー)に似てきたため、区別するために線を付加したものである。

R の意味[]

主に大文字[]

  • right
    • Right)を表す。
    • 数学で、∠R または R は直角 (right angle) をあらわす。
  • 道路鉄道などでは大文字で用いて軌道の曲率半径を表す。
  • 自動車トランスミッションの後退(Reverse)位置。
  • Routeから、国道の号線を表す。国道1号線 → Route1 → R1。都道府県道の場合にはrを用いるがあまり使われていない。
  • 光を三つの原色に分けた(RGB)場合、および色彩学でいう。あか。(Red)
  • レギュラー(Regular)を表す。飲料品やフォントなどで使用。
  • 映画のレイティングシステムのR指定 (Restricted)。アメリカ合衆国では17歳以下の入場には保護者の同伴が必要となる映画作品。日本では1998年まで規定されていた、中学生以下の観覧には成人保護者の同伴が必要な映画を指していたが、現在ではPG12やR15に改定。
  • 大文字太字の R あるいは は、数学において実数 (real number) 全体の成す集合を表す。
  • three R'sは日本で言う「読み書き算盤」のこと。reading, writing, arithmetic
  • 放射線量の単位、レントゲン(単位)
  • 回路の電気抵抗(Resistance)を表す。 例:
  • 抵抗器 (Resistor)
  • 非SI接頭辞 リンタ(rinta)(1045)(ジム・ブロワーズ(Jim Blowers)の提案)
  • 温度表示方式の一種ランキン度 °R
  • 水素原子の線スペクトルに関する定数、リュードベリ定数
  • コンピュータソフト
  • アイピースの1種類でラムスデン形式。
  • round
    • スノーボードなどで、ハーフパイプやクォーターパイプなど、断面が円弧の形状になる滑走設備。R系アイテム。
    • ボクシングレスリングなどで、競技の数を表す単位「ラウンド」(round)の略。
    • 電子部品などの規格値の表示で、誤読を防ぐため小数点Round)の代わりに用いる。
  • アルキル基の略号 例:アルコール構造式 R-OH
  • 気体定数の略号 例:気体状態方程式
  • 牡蠣は r の付く月 (September から April) に食べると言われる。
  • フランツ・リスト作品目録番号のひとつ、ラーベ番号
  • 番組名
    • テレビ番組ラジオ番組の番組名の最後に、続編であることを示すためにつけることがある。(Returns の略?)例:美少女戦士セーラームーン R
    • AIR-G'で月曜日から木曜日まで、18:00~20:30に生放送のラジオ番組「R」。現在のタイトルは「R advance RAD'S」。
  • アイザック・アシモフベイリ・シリーズなどの一連の小説で、ロボットに使われる敬称
    • 漫画作品「究極超人あ〜る」、およびその主人公R・田中一郎。単に「R」「あ〜る」と書かれることもある。
  • 車種名
    • 日産・スカイラインGT-Rホンダ・インテグラタイプRなど自動車のスポーツグレードの名称使用することがあるに(Racing)。また、その愛称としても使用される。
    • メルセデス・ベンツ Rクラス
  • Nの日本無線製端末を表す略号。
  • 日本の駅ナンバリング制度で、神戸新交通六甲アイランド線を表す。
  • 建物の階数表示で、屋上(Roof)を表す。
  • 盤名
    • 白石涼子のデビューミニアルバム『R』。
    • Bのアルバム『R』。
  • 野球記録における得点(Runs)
  • チェスの棋譜などでルークRook)を表し、将棋でもルークに相当する飛車をも表す。
  • 計算複雑性理論における複雑性クラスのひとつ(R (計算複雑性理論)
  • 通貨単位
    • サウジアラビアイランオマーンカタールイエメンの通貨単位 リヤル (Riyal)
    • R$は、ブラジルの通貨単位 レアル (Real)
    • Rは、インドスリランカセーシェルネパールパキスタンモーリシャスの通貨単位 ルピー (rupee)、Reとも
  • R&DのRは研究 (research)
  • R&BのRはリズム (rhythm)
  • 学校法人立命館が2007年に制定した略称の一つ『R』。(Ritsumeikanの略)

主に小文字[]

  • 数学などで(しばしば小文字で)半径 (radius) を表すのによく用いられる。
  • 回転数(Revolution)を表す。(EX)rpm は一分間あたりの回転数
  • 非SI接頭辞 リムト(rimto)(10-45)(ジム・ブロワーズ(Jim Blowers)の提案)

Rをもとにした記号[]

  • マルR()は、登録商標(Registered trademark)。
  • ℞は、レシピ処方箋) (recipe)
  • ℜは、複素数の実部 (real part)。Reを使うことも多い。


符号位置[]

大文字 Unicode J 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考


関連項目[]

  • Ř ř - ハーチェク
  • ロータシズム






































Smallwikipedialogo.png このページの内容は、ウィキペディアから取られています。オリジナルの記事は、Rにあります。この記事の著作権者のリストは、ページの履歴を御覧ください。Monapediaと同じく、ウィキペディアのテキストは、GNU Free Documentation Licenseで提供されています。